フュージョン溶着 大口径のホース口金の取付(加締)にも対応。油圧高圧継手(継ぎ手)・ホースの製造メーカー 株式会社築地製作所。

WEBカタログダウンロード

  • カタログ請求
  • お問い合わせ
  • 採用面談

フュージョン溶着

フュージョン溶着された製品の写真

フュージョン溶着は従来の全周溶接における不安定要素をすべてクリアーした技術です。
すなわち、スパッタ、熱歪み、変化点、接合強度の問題を完全に解決した技術と言えます。
例えば本技術によって油圧シリンダーへの継手の溶接工程は劇的に簡素化されます。

フュージョン溶着された製品の写真

フュージョン溶着された製品の写真

フュージョン溶着された製品の写真

溶接との比較

項目 通常ガス溶接 フュージョン溶着
スパッタ 除去作業が必要 電気溶着の為、スパッタの発生はありません
接合強度 個体差がある 設定された接合強度は一定です
漏れ 全数の裏波確認やリークテストが必要 ・条件出しを確認した後は品質レベルは一定です
・油圧(350kgf/c㎡)配管においても信頼を勝ち得ています
歪み 溶接熱による歪みは避けられず歪とり工程を伴う 溶接ではなく溶着な為、歪取り工程不要の場合がほとんどです
作業性 作業時間の短縮には限界があり、
またステンレスの場合は熟練を要する
溶着時間は2-3秒で、ステンレスの場合も同様です
外観 溶接品質重視の為に外観を犠牲にすることもある 従来のイメージを捨てて頂ければ
非常にクリーンな仕上がりと言えます

詳しい製品情報はWEBカタログをご覧ください。

カタログ請求はこちら

ページの先頭へ戻る